2016年9月4日 / by 管理人 / Googleアナリティクスの設定方法 / No Comments

タグを設置してGoogleアナリティクスを正しく設定するには?


Googleアナリティクスを始めるためにやるべき設定

上場企業の約8割が導入していると言われている、メジャーなアクセス解析ツールであるGoogleアナリティクス。無料で高機能なため企業の方だけでなく個人でも多くの方が導入されていますが、アクセス解析初心者の方にとっては「専門知識が必要で難しそう…」と感じられるかもしれません。なかでも敷居が高いと感じてしまうのは、Googleアナリティクスを始めるにあたって様々な設定をしなければいけないこと。しかし実は、Googleアナリティクスを始めるための設定はたったの2ステップで簡単に完了するのです

それは、


 1.Googleアカウントを取得し利用を開始 

 2.サイト内のページにタグを貼る

たったこの2つです。今回は、この2ステップを分かりやすい画像とともに丁寧に解説していきます。

 

1.Googleアカウントを取得し、Googleアナリティクスの利用を開始する。

まず、Googleアカウントを作成しログインします。すでにお持ちの方はご自分のアカウントでログインしてください。

 

そして、Googleアナリティクスを開くと上のような画面が出てくるので、「お申し込み」をクリックします。これでアカウント登録は完了です。

「お申し込み」をクリックすると、以下のような画面がでてくるので自分のサイトの情報を登録します。

①アカウント名:アカウント名を入力しましょう。後から変更することも可能です。

②ウェブサイト名:Googleアナリティクスを導入するサイトの名前を入力します

③ウェブサイトのURL:サイトのURLを入力します。「http://」か「https://」を選択します。このときドメイン末尾の/(スラッシュ)は入力しないようにしましょう。

④業種:最も近い業種を選択します。選択した業種に合わせて目標設定などがカスタマイズされます。

⑤レポートのタイムゾーン:国内で使用されるサイトであれば「日本」を選択しましょう。ここで選択されたタイムゾーンがレポートにおいて1日の区切として使用されます。

⑥データ共有設定:基本的に推奨のままで問題ありませんが、データを共有したくない項目があればチェックをはずします。

 

サイト情報入力が終わったら、「トラッキングIDを取得」をクリックします。すると、「Googleアナリティクス利用規約」が出てくるので、「日本」に変更し、内容を確認の上「同意する」をクリックします。以上で、第一のステップは終了です。

 

 

2.サイト内の全ページにタグを貼る

アクセス解析初心者の方が難しそうと感じるのが、このステップです。ですが実はやるべきことはとてもシンプルで、理解してしまえばスムーズに設定を進めることができます。

「トラッキングIDを取得する」をクリックすると、以下のような画面がでてきます。

上の画面で四角で囲んであるのがトラッキングコードで、タグと言われることもあります。それを<script>から</script>まですべてコピーし、ウェブサイトの全ページのHTMLに貼り付けます
張り付ける場所は、HTMLの</head>終了タグの直前です。

全ページに張り付ける、となると煩雑な作業ですが、多くのサイト運営サービスでは管理画面で一括してこのタグを張り付けることができます。その機能があればほんの数分で作業が終了します。

タグを貼り付けたら、Googleアナリティクスの画面に戻って自分のサイトが正しく反映されているかを確認しましょう。これで第二のステップも完了です。お疲れ様でした。

 

 

まとめ:Googleアナリティクスのタグの設定、実は簡単!

いかがでしたでしょうか。HTMLやタグと聞くと専門知識が必要そうに聞こえますが、実はGoogleアナリティクスを導入するに当たってはそういった知識に疎い方でも簡単な作業で完了します。アクセス解析初心者の方も、ぜひこのページを参考に今すぐGoogleアナリティクスを導入してみましょう。